投資・FX

トラリピについて詳しく解説 ~複数のトラップを仕込んでFXに挑む~

投機あるいは投資をしてみたいけど、失敗するのが怖い…。やってみたいけど、やり方が分からないという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、その投機・投資に含まれる「トラリピについて詳しく解説~複数のトラップを仕込んでFXに挑む~」について説明します。FX取引の手法で、マネースクエアという会社が提供しています。

トラリピには、メリットやデメリットや注意点あるいはコツなどがあります。これら以外にも向いている人を紹介します。

失敗しないためにも、しっかりと情報収集をして、この記事をぜひ参考にしてみてください。この記事を読んでアフィリエイトだけではなくFX投資から売買益という副収入を得ることも考えてみましょう。

トラリピとは

トラリピとは、自分が決めたか金額で、自動的に売買を繰り返し行うシステムです。これを行うことで、コンピューターが人に代わって24時間、FXを行うことが特徴です。一度設定すれば、時間をかけることなく、新規注文と決済注文の両方をセットで注文を運用することができます。

買い注文のみならず、売り注文からもできることや、設定した値幅で値動きすると、何度も注文を繰り返し、レンジ相場が続けば続くほど利益が出ることから勝率が高く、多くの人から人気があります。また、少額取引が4,000円、最低1,000通貨~取引を行うことができるため多くの人が始めやすいでしょう。

トラリピのしくみ 

トラリピのしくみについて説明します。

そもそも、トラリピとは“タラップトレード”と“リピートイフダン”を掛け合わせて「トラリピ」と言われています。その2つについては以下の通りです。

・トラップトレード

→設定した値幅で新規建てと決済を繰り返す仕組み。

・リピートイフダン

→トラップトレードを繰り返す仕組み。

これらの仕組みを活用して、自分でレンジを設定します。そのレンジ内なら為替の変動が起こるたびにお金にも動きが生まれます。購入時と売却時の金額の差で利益が生まれます。

1度設定さえすれば、自動に収益と支出が行われますが、トラップの設定が鍵になるでしょう。

トラリピのメリット・デメリットや注意点

トラリピには、メリットとデメリットがあります。トラリピを始める前に、メリットとデメリットおよび注意点をしっかりと理解しておきましょう。

トラリピのメリット

まずは、メリットについて7点ほど紹介します。

①細かな相場の予想が求められない

たいていのFX投資には、チャートや相場に関する多様な要素を分析し、為替の変動を予想して取引を行います。その一方で、トラリピは予想したレンジ内で細かく利益を上げる投資戦略を行っていることで、きめ細かい相場分析をせずに取引ができます。変動しそうなレートの範囲を予想するだけで取引を行える点が他のFX投資に異なり、初心者にも取引しやすいメリットがあります。

②相場の乱高下に強い

相場の乱高下は敬遠されがちですが、トラリピのリピート機能は売買チャンスを逃さず、予想した範囲であれば乱高下するほど収益チャンスが見込まれます。

③投資額が低くても取引を行える

FX会社では取引の単位を1万通貨に設定している中で、トラリピは1,000通貨から取引を行うことが可能です。知識やスキルを身に付けるまでは少額で投資をしたいと考えている人にはメリットがあるでしょう。

④FXに書ける時間時間を節約できる

取り引きの注文後は、定期的に自分の予想通りにレートが動いているのかチェックするべきですが、トラリピは自動で機械が24時間売買してくれるため、ずっと変動を見る必要がないことから時間を節約することが可能です。投資において時間という見えないコストを削減できることがメリットです。

⑤学習コンテンツの豊富さ

トラリピを利用するためにはマネースクエア口座でFX口座を開設する必要があり、そこでは口座開設者に向けた学習コンテンツが豊富にそろっています。投資戦略や最新の市場の状況や毎週・毎月の相場の見通しを学べる“市況レポート”または、FXの知識等を学ぶことができる動画や基礎から実践的な投資テクニックを学べる“アカデミア”というコンテンツがあります。これらを活用することで、投資スキルを伸ばすことができます。

⑥1クリックで設定や注文が可能

注文時には通貨ペアや注文金額等の複数の設定を行い、その際に詳細な設定をすることで、より投資家のニーズに沿った売買をすることができます。初心者には、マネースクエアのアナリストが最新の相場を踏まえた提案をしてくれる“トラリピ1クリック”があります。1クリックで注文でき、現相場が分からない人は、1クリックを活用するといいでしょう。

⑦お得なキャンペーンの多さ

人気通貨のスワップ0キャンペーンが行われています。

このように上記で述べたメリット以外にも、取り引きや口座開設に加えて、クイック入金・出金にも手数料などの全てが無料というトラリピならではの利点があります。

トラリピのデメリット

つぎに、デメリットについて4点ほど紹介します。

①含み損をする可能性がある。

レンジ相場を想定する投資なため、相場が下落場面には買いを入れる状況で反発するまで決済はしません。よって、下落場面では含み損は増加していきます。いずれ相場が反転して利益を生み出すことはありますが、含み損が拡大していくことは投資者の精神状態に良くはないでしょう。

②トレンド相場では不利になることがある

トレンド相場よりレンジ相場の方が多く、後者を前提にしているため上下どちらかの方向に為替が持続的に動く前者では、為替の動きとは逆に売買してしまうことで含み損をますます増加してしまう可能性があります。

③1度に大きな利益を狙えない

レンジ相場を細かく売買する仕組みになっているため、コツコツ利益を生み出すことで1度に大きな利益を生み出すことは難しいです。

④取り引き通貨が少ない

トラリピで取り引きできる通貨ペアは最大15通貨ペアであり、他のFX業者と比べると少ないです。初心者にとっては問題ないでしょうが、その他の人にとっては、選択肢を狭めてしまっているかもしれません。

トラリピを行うにあたり注意点も紹介

トラリピで損する主な要因の3つを紹介します。

①注文を仕掛けすぎる

注文を多く仕掛けることは収益のチャンスが大きくなる一方で、想定とは逆の方向に相場が動いた場合に抱える損失の割合が増加します。相場が1度急変しただけで、強制ロスカットせざるを得ない可能性があります。

②取引額を大きくしすぎる

1本あたりの注文取引額が大きくすると、狙える利益は増加する一方でリスクも増えます。自己資金に見合わない通貨量にしてしまうと強制ロスカットになる可能性があります。

③運用資金が少なすぎる

トラリピで大損をしないために以上の注意点に気をつけつつ“トラリピ運用試算表”を活用して、自分の資金に適した運用設定をしましょう。

このメリット・デメリットや注意点を踏まえて、トラリピを行うのに向いている人の特徴を以下にまとめました。

・仕事が忙しくてチャートを見る余裕がない人

・一気に稼ぐのではなく、コツコツ地道に稼ぎたい人

・長期間の含み損に耐えられることができる人

・ある程度大きな資産を用意できる人

トラリピの始め方

これまでのトラリピの概要及び利点や向いている人の内容を読み、興味持ってくれた方にトラリピの始め方を紹介します。

口座申し込みを行い、本人確認書類やマイナンバーカードを提出します。それらの書類を提出後に、審査が通過すればIDを受け取ることができます。口座開設後に、入金をして通貨ペアを決めて設定・購入をするステップを踏むことでトラリピを始めることができます。

複数のトラップ

利益が生まれやすくするため、トラップの数を増やす戦略があります。複数のトラップを仕込むことにより1つのトラップに対してハイレバレッジにならず、利益が生まれる可能性も生まれます。為替の変動が大きくても、複数のトラップを仕込んでおくことで大損するリスクを減少させるメリットもあります。むしろ変動が大きいと利益が増えることもあるでしょう。

まとめ

以上のように、トラリピは社会に大きな変動が起きてしまったら、レンジを越えて損をしてしまうリスクはありますが、機械が自動でFX取り引きを行ってくれるため、とても便利です。ハイレバレッジにせず、複数のトラップを仕込みつつ、年利5~6%を目標にトラリピをすることをおすすめします。

ブログ・・・それは、画面の向こうのあなたと出会う場所・・・

ブログ総合研究所をブックマークして頂けますと幸いに思います。

ブログ総合研究所|アフィリエイト&SEO対策