暮らしのコラム

クラウドサービスって何?

クラウドサービスって何?

近年クラウドサービスという言葉が使われている機会が多くなっているのはご存じでしょうか。

多くの企業ではすでにこのクラウドサービスを利用しており、それによってコストダウンを実現しています。

このクラウドサービスについてご説明します。

1 クラウドサービスとは

クラウドには、群衆、雲の中などという意味があり、クラウドサービスは特定多数の方を対象としたサービスの提供のことを言います。

経営システムなどは、これまではシステム開発会社に依頼して自社のビジネスの仕組みにあわせたプログラムの開発をしたり、自社内に情報システム部門を置いたりしてきました。

しかし、現代のクラウドサービス会社では、これまで多くの企業でのシステム開発を経験した中で、標準化してどの企業においても使えるシステムの開発がおこなわれました。それをさまざまな企業がネットなどを通じて利用できるようにしたのがクラウドサービスなのです。

どの企業でもこれまでのように多額のシステム開発費をかけず、またメンテナンスにも大きな金額をかけずに最先端のシステムを使えるようになったのです。

また、クラウドサービスは、システム開発に限らず、業務発注の仲介をするクラウドワークスや資金調達の仲介をおこなうクラウドファンディングなど多様な分野で展開されるようになっています。

2 クラウドサービスのメリット

クラウドサービスのメリットは、やはり自社で大きなコストをかけずにさまざまなシステムを使えたり、業務の外注をおこなったりすることができる点にあります。

しかも、システムのメンテナンスなどのランニングコストも抑えることが可能なのです。

経理システムなどは消費税などの法改正に伴ってシステムのチューニングが必要になりますが、クラウドサービスを導入していれば、自動的に修正され、大きな修正費用が必要をされません。

3 クラウドサービスで注意すべき点

クラウドサービスを利用する上で注意すべき点は、標準化されたシステムを使うため、自社の業務などを見直して提供されるシステムに合わせる必要があることです。営業システムや経理システムにおいてはその可能性は高いといえます。

そのために、当初はその業務の流れに慣れていないことによって社内の批判が起こる可能性もあります。

しかし、それは、自社特有の業務処理というものが、多くの企業でおこなわれている手順などに対して非効率になっていたことを認識するよい機会と考えるべきでしょう。標準化することで、長期的には業務効率は大きく向上することが期待できるのです。

4 クラウドサービスのまとめ

現代社会では、すでに多くの部門、システムにおいてクラウドサービスが利用されており、それによって業務の効率化がおこなわれています。

自社の特有な業務処理にこだわって自社独自のシステム開発を維持しようとすれば、ライバル会社に対してコスト負担が大きくなり、競争力を失うことになりかねません。 クラウドサービスを利用して会社の効率化を図って、厳しい競争社会を乗り切ってくださ